積水メディカル株式会社は、臨床検査薬などさまざまな医療分野において、世界に際立つグローバル・メディカル・カンパニーを目指します。

ホーム > 会社情報 > 研究開発体制
前のページに戻る

研究開発体制

つくば研究所

生化学、血液凝固、糖尿病、感染症、遺伝子診断をはじめとする先端領域を中心に、酵素分析法、ラテックス免疫比濁法による自動分析装置用試薬、ポイントオブケア(POC)診断薬および高分子を利用した分離技術を駆使した各種採血管製品ならびに糖尿病検査用カラムの研究開発を行っており、独自技術による検体採取から検査までに必要な臨床検査製品を開発しています。

東海研究開発センター

医薬品開発における非臨床・臨床領域に対し、他に先駆けて開発した免疫、遺伝子、機器分析技術を駆使して、バイオマーカー等に関する新規評価系ならびに関連製品を開発しています。

岩手研究開発センター

アミノ酸や特殊アミノ酸合成技術と独自ペプチド合成技術を基盤として、お客様が必要としている医薬品中間体、医薬原体(API)の合成法や工業化プロセスの開発を行うとともに、新規合成技術、製造技術や分析技術の導入・開発を行なっています。

前のページに戻る