積水メディカル株式会社は、臨床検査薬などさまざまな医療分野において、世界に際立つグローバル・メディカル・カンパニーを目指します。

ホーム > ニュース > 「ナノピア® TAT」発売のお知らせ
前のページに戻る

リリース

「ナノピア® TAT」発売のお知らせ

2017年7月18日
積水メディカル株式会社

積水メディカル株式会社(代表取締役社長:田頭 秀雄、本社:東京都中央区)は、血液凝固線溶領域の新たな試薬ラインナップとして「ナノピア® TAT」を7月18日に発売しました。
「ナノピア® TAT」は、血漿中のトロンビン・アンチトロンビンIII複合体(TAT)の測定試薬です。
ラテックス免疫比濁法を測定原理とし、2013年より発売を開始した弊社の血液凝固自動分析装置CP3000™での使用が可能です。

弊社は機器ビジネスを事業拡大の重点施策の一つとして掲げ、2007年より血液凝固分析装置の販売を開始し、着実にその納入台数を伸ばしてまいりました。
昨年発売の「ナノピア® PAI-1」に続き、CP3000™で測定できる試薬ラインナップに「ナノピア® TAT」を追加することで、血液凝固線溶領域の検査パネルのさらなる充実化を目指し、凝固線溶検査のトータルサポートを加速させてまいります。
多様化を極める臨床検査業務において、「お客様へのトータルソリューションの提供」をコンセプトに装置・試薬・学術情報・技術情報のサポートを実現することにより、お客様の更なる利便性の向上に努めてまいります。

1. 臨床的意義

トロンビンは、フィブリノゲンを活性化させてフィブリンを生成する他、凝固第V因子、第VII因子及び第IX因子を活性化させる働きを有し、凝固系亢進状態を反映する主要な凝固系分子マーカーです。トロンビン自体は、血中半減期が短く直接測定することはできませんが、トロンビンとアンチトロンビンが1:1で結合した複合体であるトロンビン・アンチトロンビンIII複合体(TAT)を測定することにより、トロンビンの産生量を間接的に評価することが可能です。
TATは、播種性血管内凝固症候群(DIC)、深部静脈血栓症や肺血栓塞栓症などの広範な血栓症、肝硬変などの重症肝障害の診断や、線溶療法効果の判定・経過観察を目的として測定されます。

2. 製品概要

製品名 ナノピア® TAT
使用目的 血漿中のトロンビン・アンチトロンビンIII複合体(TAT)の測定
測定原理 ラテックス免疫比濁法
測定範囲 1~120 ng/mL
検体種 血漿(クエン酸血漿)

包装・価格:

品名 包装 希望納入価格(税抜)
ナノピア® TAT TAT緩衝液① 9 mL×1 52,000円
TATラテックス試液② 3 mL×1

別売品※
品名・包装・価格:

品名 包装 希望納入価格(税抜)
TAT キャリブレーター 0.5 mL用×5濃度 16,000円
TAT コントロール 0.5 mL用×2濃度×3 16,000円

※本品は体外診断用医薬品ではありません。

3.特長

(1)
試薬は液状で調製不要です。
(2)
血液凝固自動分析装置での測定が可能です。
(3)
迅速に結果が得られます。

4. 製品写真

製品写真

「ナノピア®」は積水メディカル株式会社の登録商標です。

<本件についてのお問い合わせ先>
積水メディカル株式会社
総務人事部 総務グループ    TEL:03-3272-0672
検査事業部 マーケティング部 TEL:03-3272-0918
前のページに戻る