酵素誘導試験

非標識化合物を反復投与したラットの肝臓からミクロソームを調製し、薬物代謝酵素活性をバリデートされた系により測定します。
また、毒性試験などで得られた肝臓をご提供いただき、同様に薬物代謝酵素活性を測定します。

測定内容

  1. 1.ミクロソーム総蛋白量
  2. 2.Cytocrome P450含量
  3. 3.Cytocrome b5含量
  4. 4.代謝酵素活性の測定
  • Aminopyrine N-demethylase活性(多分子種関与)
  • Aniline hydroxylase活性(CYP2E1)
  • 7-Ethoxycoumarin O-demethylase活性(CYP1A1)
  • UDP-glucuronosyl transferase活性(抱合反応)
  • p-Nitroanisole O-demethylase活性(CYP1A1)
  • NADPH Cytochrome c reductase活性
  • 肝サイトソール中蛋白量
  • Glutathione S-transferase活性(抱合反応)
  • Lauric acid ω-hydroxylase活性(CYP4A1)
  • Testosterone hydroxylase活性
    2α-hydroxylase活性(CYP2C11
    6α-hydroxylase活性(CYP3A2)
    16α-hydroxylase活性(CYP2C11)
    16β-hydroxylase活性(CYP2B1)
  • Benzo[a]pyrene hydroxylase活性(CYP1A1)
  • Chlorzoxazone 6-hydroxylase活性(CYP2E1)
  • 7-Ethoxyresorufin O-demethylase活性(CYP1A1, 1A2)
  • Bufuralol 1'-hydroxylase活性(CYP2D1, 2D2)