血清中シアル化糖鎖抗原KL-6測定用試薬

ルミパルス®KL-6

当ページは医療関係者のみなさまを
対象として作成しております。

  • ご使用に際しては添付文書をよくお読みください。

本試薬は、化学発光基質(AMPPD)を用いた化学発光酵素免疫測定法(CLEIA:chemiluminescent enzyme immunoassay)に基づく試薬で、全自動化学発光酵素免疫測定システム試薬です。

使用目的

血清又は血漿中のシアル化糖鎖抗原KL-6の測定

特長

  1. 1.間質性肺炎に特異性が高く、他疾患との鑑別診断に優れます。
  2. 2.活動性の間質性肺炎では、非活動性に比べ高値に分布します。
  3. 3.間質性肺炎の症状改善、悪化に伴い有意に測定値が変動します。

測定原理

本試薬は2ステップサンドイッチ法に基づいた化学発光酵素免疫測定法によるKL-6測定試薬です。
抗KL-6抗体を結合させたフェライト粒子(固相)に検体中のKL-6を介した標識抗KL-6抗体を反応させ、洗浄後アルカリフォスファターゼ(ALP)標識抗KL-6抗体を加えて反応させますと、検体中のKL-6を介した3者のサンドイッチ複合体が形成されます。
未反応の酵素標識抗体をB/F分離後、化学発光基質(AMPPD)を加えて酵素反応を行います。固相に結合した検体中のKL-6量は、AMPPDの分解に伴う発光量に反映されますので、これを測定することによりKL-6濃度を求める事ができます。

  1. ※1ALP : Alkaline phosphatase
  2. ※2AMPPD :
    3-(2’-spiroadamantane)-4-methoxy-4-(3”-phosphoryloxy)phenyl-1,
       2-dioxetane disodium salt / 3-(2’-スピロアダマンタン)-4-メトキシ-4-
    (3”-ホスホリルオキシ) フェニル-1,2-ジオキセタン・2ナトリウム塩

包装

品名 包装
ルミパルスf用 免疫反応カートリッジ
(抗体結合粒子および酵素標識抗体)
42テスト×2
別売品 標準KL-6溶液 5濃度×1
品名 包装
ルミパルスS用 免疫反応カートリッジ
(抗体結合粒子および酵素標識抗体)
14テスト×3
別売品 KL-6キャリブレータ 3濃度×1
品名 包装
基質液 100mL×6、50mL×6
洗浄液 4,000mL×1
検体希釈液 300mL×4、80mL×4
  • 基質液、洗浄液、検体希釈液は富士レビオ(株)が販売しております。

当ページは、当社製品を適正にご使用いただくため、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師など)のみなさまを対象に作成したものです。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。