トピラマートスキット

ナノピア®TDM トピラマート

当ページは医療関係者のみなさまを
対象として作成しております。

※ご使用に際しては添付文書をよくお読みください。

特長

  • 試薬は液状で調製不要です。
  • 各種自動分析装置への適用が可能です。

測定原理

ラテックス免疫比濁法

検体に一定量の抗体を加えて反応させると、検体中の薬物量に応じて抗体が消費されます。続いて感作ラテックスを加えると、未反応の抗体が反応して凝集を生じます。この凝集度合は検体中の薬物濃度に依存するので、凝集度合を吸光度変化量として測定することにより、検体中の薬物濃度を求めることができます。

ラテックス免疫比濁法

試薬内容

名称 包装 貯蔵方法
ナノピア®TDM トピラマート TPM 抗体液① 18mL×1 2~8℃
TPMラテックス試液② 12mL×1

【別売品】※

名称 包装 貯蔵方法
ナノピア®用トピラマートキャリブレーター 1mL×6濃度×1本 2~8℃
ナノピア®用トピラマートコントロール 2mL×3濃度×1本 -10℃以下
  • 体外診断用医薬品ではありません。

当ページは、当社製品を適正にご使用いただくため、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師など)のみなさまを対象に作成したものです。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。