医薬事業の歴史

  • 医薬事業は、旧社名第一化学薬品の化学薬品事業を継承しています。
1947年 7月10日第一化学薬品株式会社創立
第一製薬柳島工場にて「ハイドロサルファイト」「乳酸」「乳酸エチル」製造開始
1948年 臨床検査薬「スルホサリチル酸」製造
1953年 金属キレート剤「ゾノン®」製造開始
1954年 医薬品原薬「パラアミノサリチル酸」製造開始
1958年 アミノ酸類の製造販売を開始。アミノ酸類の製造に関する特許を取得
1960年 船堀工場竣工
1969年 「L-DOPA」の製造開始
1973年 岩手県八幡平市(当時松尾村)の土地を取得
1977年 岩手県八幡平市(当時松尾村)と公害防止協定を締結
1978年 岩手工場第1期工事竣工
同和化成工業を吸収合併
1979年 岩手工場落成
1981年 岩手工場第2期工事竣工
1984年 初のFDA査察を受ける
1985年 船堀工場撤収 製造拠点を岩手工場に移す
岩手工場第3期工事竣工
1992年 岩手工場嫌気性廃水処理施設完成
1994年 第一化学薬品 品質保証憲章制定
2000年 岩手工場第4期工事竣工
2001年 岩手工場「ISO14001」認定取得
2004年 岩手工場「ISO14001」認定更新
2006年 岩手工場第5期工事竣工
2007年 岩手工場「ISO14001」認定更新
2008年 第一化学薬品株式会社の化学薬品事業と積水化学工業株式会社メディカル事業を統合し、積水メディカル株式会社の医薬事業としてスタート。
EDQM査察を受ける
2011年 ペプチド医薬品受託製造事業を展開
9回目のFDA査察を受ける(10月)
2012年 TIDESなどでペプチド製造技術を発表
2013年 治験薬、ペプチド用クリーンルーム増強
2014年 分取HPLC設備、凍結乾燥機をクリーンルーム内に増強
2016年 10回目のFDA査察を受ける(6月)
2017年 11回目のFDA査察を受ける(7月)
中量GMP製造用クリーンルーム増設(9月)
2018年 医薬品原薬製造棟を増設(7月)