環境・品質への取り組み

環境保全

私たちは、「環境」を基軸に持続的に成長する「環境創造型企業」を目指します。
そのために、

  1. 1)一人ひとりが、仕事の中で環境に配慮した活動を行います。
  2. 2)一人ひとりが、自宅や地域社会においても環境に良いことに取り組みます。

(積水メディカル環境憲章より)

つくば工場

ISO 14001 JQA-EM6732

つくば工場は、茨城県龍ヶ崎市のつくばの里工業団地にあり、体外診断用医薬品および研究用試薬の製造をしています。つくば工場では、製品包装の簡易化の推進による省資源化、廃棄物の減量化を図り、環境に配慮した取り組みを行っています。また2011年9月にはISO14001環境マネジメントシステムを認証取得(審査登録)し、環境保全活動に取り組んでいます。

阿見事業場

JAB CM007 ISO 14001 06ER・592

阿見事業場は、茨城県稲敷郡阿見町の福田工業団地にあり、体外診断用医薬品および研究用試薬の製造を行っています。阿見事業場では、製造設備の省エネ運転、廃棄物の分別処理、美化運動の実施等により環境に配慮した取り組みを行っています。また、2006年5月にはISO14001環境マネジメントシステムを認証取得(審査登録)し、環境保全活動に取り組んでいます。

岩手工場

ISO-14001 岩手工場 JCQA-E-0231 JAB CM003

岩手工場は、十和田八幡平国立公園の山々が展望できる、自然美あふれる「緑の中の公園工場」です。おもに医薬品原料等の製造を行っています。岩手工場では、環境に配慮した排水処理システム(嫌気性醗酵処理設備、活性汚泥処理設備)を稼動し、かけがえのない自然環境との共生を図っています。また2001年2月にはISO14001環境マネジメントシステムを認証取得(審査登録)し、環境保全活動に取り組んでいます。

創薬支援センター

エアコレクション21 認証・登録番号0007172

創薬支援センターは、茨城県東海村にあり、製薬企業から依頼を受けて各種試験を行い、創薬を支援しています。実験に使用する放射性物質の厳格な管理はもとより、CO2排出量削減(電力、重油使用量の削減)、排水量の削減、廃棄物の排出量削減(紙の使用量削減ほか)、グリーン購入に取り組んでいます。また2011年6月にはエコアクション21環境マネジメントシステムを認証取得(審査登録)し、環境保全活動に取り組んでいます。

CS品質経営

私たちは、「CS品質」を経営の基軸と定め、全ての事業活動において、モノの品質革新に徹底的にこだわり、お客様の期待に応える価値(商品・サービス)を常にお届けし、お客様に継続的に当社を選択していただき、お客様とともに長期的に発展、成長し続けることを目指します。
(積水メディカルCS品質経営方針より)

検査事業

ISO9001 FM525658 ISO13485 MD525659

検査事業では、医療機器・体外診断用医薬品QMS省令に基づき、研究開発、生産、販売を網羅した品質マネジメントシステムを構築して、高品質な製品を世界中に供給しています。また、ISO9001認証(2004年3月)、ISO13485認証(2005年3月)を維持し、2017年には新たな製造所として、つくば工場に阿見事業場を加え、ISO9001:2015及びISO13485:2016へのバージョンアップを完了しています。

医薬事業

岩手工場は、医薬品・医薬部外品GMP省令に基づき、原薬、医薬品中間体、食品添加物を中心とする高品質な化学品を製造しています。原薬は日本のほか、米国FDA やEUなどの公的機関に登録され、グローバル市場に向けて出荷されています。

創薬支援事業

創薬支援センターは、医薬品医療機器総合機構調査 TK測定 評価結果・適合(2015年12月)の評価を受けており、医薬品の安全性に関する非臨床試験を実施し、国内外の製薬企業が行う新薬開発に貢献しています。また、動物実験に関するAAALACインターナショナル認証(2014年6月取得)を維持しています。