積水メディカル株式会社は、臨床検査薬などさまざまな医療分野において、世界に際立つグローバル・メディカル・カンパニーを目指します。

ホーム > ニュース > リリース > UGT1A1遺伝子多型判定試薬「インベーダー®UGT1A1アッセイ」の保険適用について
前のページに戻る

リリース

UGT1A1遺伝子多型判定試薬「インベーダー®UGT1A1アッセイ」の保険適用について

2008年11月7日
積水メディカル株式会社

積水化学グループの積水メディカル株式会社(社長:福田 睦、本社:東京都中央区)は、「インベーダー®UGT1A1アッセイ」(以下本品)が、2008年11月1日付で保険適用(保険点数2000点)となりましたのでお知らせします。
本品は、国内初のヒト遺伝子多型を判定する体外診断用医薬品であり、本検査で抗がん剤「塩酸イリノテカン」の副作用発現の可能性を予測し、安全で効率的な抗がん剤治療の補助に使用されます。
発売は、2009年初春を予定しており、販売価格は未定です。

インベーダー®UGT1A1アッセイに関わる新規保険適用項目の詳細情報

保険適用日 2008 年11月1日
測定項目 UDPグルクロン酸転移酵素遺伝子多型
測定方法 インベーダー法
主な測定目的 全血より抽出したゲノムDNA中のUDPグルクロン酸転移酵素遺伝子多型の判定
保険点数 2000点
区分 D006 血液学的検査
判断料 D026 検体検査判断料 2 血液学的検査判断料 125点(月1回に限る)
留意事項 UDPグルクロン酸転移酵素遺伝子多型は、塩酸イリノテカンの投与対象となる患者に対して、その投与量等を判断することを目的として、インベーダー法により測定を行った場合、当該抗悪性腫瘍剤の投与方針の決定までの間に1回を限度として算定する。
本件についてのお問い合わせ先
積水メディカル 総務人事部 総務グループ TEL 03-3272-0672
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-5 KDX日本橋313ビル
前のページに戻る