リリース

コアプレスタ®シリーズ「血液凝固自動分析装置 CP3000」を発売

積水メディカル株式会社

積水メディカル株式会社(代表取締役社長:福田 睦、本社:東京都中央区、以下「積水メディカル」)は、血液凝固自動分析装置の中・大型機市場向けに、コアプレスタ®シリーズ「血液凝固自動分析装置 CP3000™」を本年11月1日に発売致しました。
積水メディカルは機器ビジネスを事業拡大の重点施策の一つとして掲げ、血液凝固分析装置 「コアプレスタ®2000」を2007年より販売し、着実にその納入台数を伸ばしてまいりました。この度、コアプレスタ®2000の後継機として「血液凝固自動分析装置 CP3000™」を販売いたします。
本製品は、コアプレスタ®2000の基本コンセプトである省スペース・ハイスループットに加え、検体ラックロード方式、試薬情報自動読取り機能などを新たに搭載した、多彩な機能と使いやすさを追求した分析装置です。
積水メディカルは多様化を極める臨床検査業務において、「お客様へのトータルソリューションの提供」をコンセプトに装置・試薬・学術情報・技術情報のサポートを実現することにより、お客様の更なる利便性の向上を目指します。

ご参考

製品概要

販売名 :
血液凝固自動分析装置 CP3000™
使用目的:
血液凝固及び線溶検査の自動測定
測定原理:
散乱光度法、吸光度法
測定項目:
プロトロンビン時間、活性化部分トロンボプラスチン時間、フィブリノーゲン、FDP、Dダイマー、合成基質項目など
1.価格
販売名 規格 希望納入価格
血液凝固自動分析装置 CP3000™ 1式 10,000,000円

製品外観

製品外観
2.製品仕様
処理能力 凝固項目:最大400テスト/時間  比色項目:最大200テスト/時間
検出原理 凝固時間法/合成基質法/免疫比濁法
登録項目数
・凝固項目
・合成基質項目
・免疫比濁項目
最大60項目 (凝固30・比色30)
PT, APTT, Fbg, T, H, Fa(II, V, VII, VIII, IX, X, XI, XII)
AT, Heparin, PLG, APL, PC
FDP, Dダイマー,SF, PIC
同時測定項目数 最大20項目
検体設置数 50検体(随時追加可能、緊急処理レーンあり)
試薬設置数 30試薬 (保冷) + 9試薬 (室温)
検量線 自動希釈設定、多点検量線、INR検量線
検量線自動切替可
測定原理 散乱光度法、吸光度法
光源 LED (660nm)、ハロゲンランプ (405/570/730nm)
データ保存 2.5年分
精度管理 日差時系列、日差ツインプロット
操作表示部/OS 17インチ タッチパネル/ Windows®7
バーコード
・試薬データリーダー
・2次元コードリーダー
・検体バーコードリーダー
内蔵タイプ
ハンディタイプ
内蔵タイプ
本体寸法
本体重量
W 590 × D 740 × H 1190mm
約185kg
※分析ユニットのみ
本体電源
本体消費電力
AC 100V ± 10%
950VA 以下

販売名:血液凝固自動分析装置 CP3000™
製品販売届出番号:13B2X00163225001
一般的名称:血液凝固分析装置
一般医療機器、特定保守管理医療機器

  • 仕様は改良のため予告なしに変更になる場合があります。
  • Windows® は米国Microsoft社の登録商標です。
  • コアプレスタ®は、積水メディカル社の登録商標です。
本件についてのお問い合わせ先

積水メディカル

総務人事部 総務グループ 
TEL:03-3272-0672

検査事業部 マーケティング部 
TEL:03-3272-0827