数字で分かる積水メディカル

中期経営計画
飛躍 HIYAKU

2020

“グローバル一体経営”を基本方針に掲げ、グローバルでの生産・販売・開発、ならびに薬事・品質保証体制を確立するとともに、各事業の連結管理を推進し、2020年度に売上高1,000億円を目指します。

国内検査薬製品数

800品目

「血液凝固」「生活習慣病」「感染症」分野を中心とした各種臨床検査薬、臨床検査にかかせないプラスチック製真空採血管、全自動血液凝固分析装置をはじめとする各種分析装置を扱っています。
重点領域で専用分析装置のラインナップの拡充も進め、検査薬と分析装置をトータルシステムとして提供しています。

海外売上比率

45%

「世界に際立つメディカルカンパニー」を目指して発足10年。北米、欧州、中国を拠点にグローバルビジネスを拡大し、海外売上比率は連結で45%になりました。

2020年
原薬売上高比率

77%

事業の主軸をアミノ酸から原薬にシフトし、低分子~中分子原薬の供給体制を整備するとともに、事業拡大を推進しています。

民間初の
ラジオアイソトープ
実験室を設置

1955年

時代のニーズを先取りする形で非臨床動物試験を中心に医薬品開発をサポート。近年では、国内初のラジオアイソトープを用いた臨床薬物動態試験を実施。ヒトでの有効性・安全性を検証するProof of Conceptの早期取得をサポートしています。

健康経営優良法人
(ホワイト500)

500

当社は「社員は社会からお預かりした貴重な財産」という考え方をベースに健康経営を推進しています。このたび、経済産業省及び日本健康会議が主催する2018年度の同制度認定法人として認定されました。今後も社員の自律的な健康管理を支援し、事業を通じて社会へ貢献していきます。