各種臨床検査薬やプラスチック製真空採血管の開発・製造・販売、各種自動分析装置の販売を行っています。積水メディカル株式会社検査事業。

  • 検査事業 学術・技術情報サイト
  • 検査事業 サーベイ・アンケート受付
  • 検査事業製品検索
  • 展示会・講演会情報
  • 検査事業へのお問い合わせ
Get ADOBE® READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、AdobeReaderが必要です。
ホーム > 事業紹介 > 検査事業 > POCT(迅速検体検査) > ラピッドピア®、ラピッドチップ®BNP、ラピッドチップ®Dダイマー、ラピッドチップ® H-FABP、ラピッドチップ® fFN
前のページに戻る
当ページは医療関係者のみなさまを対象として作成しております。

蛋白質分析装置
ラピッドピア®
ヒト脳性ナトリウム利尿ペプチドキット
ラピッドチップ®BNP
フィブリン分解産物キット
ラピッドチップ®
Dダイマー
ヒト心臓由来脂肪酸結合蛋白キット
ラピッドチップ®H-FABP
フィブロネクチンキット
ラピッドチップ®fFN

※ご使用に際しては添付文書をよくお読みください。

小型・軽量のイムノクロマトリーダーで簡単、迅速に測定が可能です。
POCT機器は、簡単な操作性、迅速な結果報告、省スペースが要求されます。
ラピッドピアなら、BNP、Dダイマー、H-FABP、フィブロネクチン(fFN)の測定が可能で、救急の現場、ベッドサイド、かかりつけ医など、さまざまな場で活躍します。

特長

  • 簡便な操作性
    BNP、Dダイマー、H-FABPは、全血・血漿どちらの検体も前処理なしで、簡便に定量測定が可能です。

    BNP測定の場合、800pg/mLを超える検体の測定には希釈操作が必要です。
    Dダイマー測定の場合、15μg/mLを超える検体の測定には希釈操作が必要です(クエン酸全血検体に限る)。

    フィブロネクチン(fFN)測定の検体には検体頸管腟分泌液を用います。

    検体採取には専用の検体抽出液①(別売、当社品)付属の綿棒を使用してください。
    添付文書の検体前処理方法に従って調製した試料を測定に用います。

  • 迅速な結果報告
    反応時間は、Dダイマー、H-FABP、フィブロネクチン(fFN)約10分、BNP約15分。サーマルプリンタ内蔵で、診察時の結果報告もスピーディ&スムーズ
  • コンパクトで省スペース
    機器は小型(設置面積A4サイズ)で軽量(約1.4kg)

測定方法

  • 操作は2ステップ。簡単かつ迅速に検査結果を出せます。
1、装置にテストデバイスをセットし、検体を滴下。 2、ENTERキーを押す。 3、検査結果報告。※サーマルプリンタ(内蔵)から印刷出力
  • 分析条件の設定は簡単です。

試薬キットに付属しているCALカードを機器に挿入し、試薬に関する情報(ロット、分析条件、使用期限等)を登録します。
※CALカードは一度登録すると、同一ロットの試薬であれば次回からCALカードの登録をせずにそのままご使用いただけます。
尚、一度登録した情報は最大25ロット分まで装置に記憶されます。

製品情報

ラピッドピア®(機器)仕様

機器の区分 一般医療機器/特定保守管理医療機器
製造販売届出番号 13B2X00163224001
主な仕様  
 検出方法 反射光強度方式
 表示部 LCD 8行
 プリンタ 熱転写式
 インターフェース USB、RS-232C
 電源電圧 AC 100V(50/60Hz) 0.4A
 本体外寸 205(W)×275(D)×96(H)mm
 本体重量 約1.4kg
 動作温度、湿度 15~30℃、70%以下(結露しないこと)

◎製造販売元
積水メディカル株式会社
東京都中央区日本橋二丁目1番3号

別売品
品名 包装
ラピッドピア®用 バーコードリーダ 1台
ラピッドピア®用 RS-232C通信ケーブル 1本
ラピッドピア®用 プリンタロール紙 10ロール

新発売

ラピッドチップ® fFN
切迫早産のマーカー

早産は妊娠37週未満の分娩と定義されています。切迫早産は、早産の危険性が高い状態の事をいいます。
ヒト癌胎児性フィブロネクチンは、妊娠していない婦人や妊娠22週以上で卵膜に障害のない妊婦の腟分泌液中にはほとんど存在しませんが、細菌感染や物理的要因による卵膜の損傷や脆弱化があると腟分泌液中に漏出されるようになり、その検出は卵膜の異常による早産の危険を把握することに役立ちます。

ラピッドチップ®fFN(試薬)仕様

薬効分類名 体外診断用医薬品
認証番号 228ADEZX00006000
包装 ラピッドチップ fFN 
テストデバイス 20個
(付属品 CALカード1枚)
貯蔵方法 2~10℃
包装 ラピッドチップ fFN 検体抽出液①
24回用
貯蔵方法 2~30℃
適用検体 頸管腟分泌液
検体採取には専用の検体抽出液①(別売、当社品)付属の綿棒を使 用してください。添付文書の検体前処理方法に従って調製した試料を測定に用います。
検体採取・前処理
検体採取・前処理
試料量 120μL
反応時間 10分
判定基準 ヒト癌胎児性フィブロネクチン濃度が
50.0 ng/mL未満のとき陰性(専用装置表示-)
50.0 ng/mL以上のとき陽性(専用装置表示+)
と判定する。
測定範囲
(参考)
25.0 ~500 ng/mL
注意:本検査は定性検査であり、定量値は参考値です。
測定方法 イムノクロマト法(金コロイド)
定量方法 専用リーダーで反射光強度測定

◎製造販売元
積水メディカル株式会社
東京都中央区日本橋二丁目1番3号

別売品(体外診断用医薬品ではありません)
品名 包装 貯蔵方法
ラピッドチップ用fFNコントロール 1mL×2濃度 2~10℃

※ご使用に際しては、ラピッドピア® の添付文書および取扱説明書、ラピッドチップ®fFNの添付文書をよくお読みください。

ラピッドチップ® H-FABP
急性心筋梗塞(AMI)の早期診断マーカー

心臓由来脂肪酸結合蛋白(H-FABP)は、心筋細胞内に豊富に存在する分子量約15 kDaの可溶性蛋白であり、遊離脂肪酸の細胞内輸送に関与し、心筋細胞へのエネルギー供給に重要な働きを担っています。H-FABPは、心筋虚血による心筋細胞の傷害により容易に血中に逸脱・遊出するため、急性心筋梗塞(AMI)の早期診断マーカーとして有用であることが知られています。

ラピッドチップ®H-FABP(試薬)仕様

薬効分類名 体外診断用医薬品
認証番号 226ADAMX00211000
包装 テストデバイス 20個
(付属品 CALカード1枚)
貯蔵方法 2~10℃
適用検体 血漿又は全血
(EDTA-2Na・EDTA-2K、 ヘパリンによる)
検体量 120μL
反応時間 10分
測定範囲 2.0~160 ng/mL
測定方法 イムノクロマト法(金コロイド)
定量方法 専用リーダーで反射光強度測定

◎製造販売元
積水メディカル株式会社
東京都中央区日本橋二丁目1番3号

別売品(体外診断用医薬品ではありません)
品名 包装 貯蔵方法
H-FABPコントロール 0.5mL×2濃度×1本 2~10℃

※ご使用に際しては、ラピッドピア® の添付文書および取扱説明書、ラピッドチップ® H-FABPの添付文書をよくお読みください。

ラピッドチップ®Dダイマー
深部静脈血栓症(DVT)、肺血栓塞栓症(PE)の診断補助に、Dダイマー測定を!

Dダイマー(D-Dダイマー)は、血液凝固・線溶系において活性型第ⅩⅢ因子作用によりクロスリンクを受けた安定化フィブリンがプラスミンによって分解されたフィブリン分解産物の一種であり、血中にはYY/DXD、YD/DY、DD/Eなど様々な分子種のDD複合体(Dダイマー)が存在します。
血中Dダイマーの増加は、生体内で血栓が形成され線溶が働いたことを証明するものであり、悪性腫瘍、産科疾患、血管病変、播種性血管内凝固症候群(DIC)、深部静脈血栓症(DVT)、肺血栓塞栓症(PE)などの診断において有用であることが知られています。

ラピッドチップ®Dダイマー(試薬)仕様

薬効分類名 体外診断用医薬品
認証番号 225ADAMX00125000
包装 テストデバイス 20個
(付属品 CALカード1枚)
貯蔵方法 2~10℃
適用検体 血漿又は全血
(クエン酸、ヘパリンによる)
検体量 120μL
反応時間 10分
測定範囲 0.2~15μg/mL
測定方法 イムノクロマト法(金コロイド)
定量方法 専用リーダーで反射光強度測定

◎製造販売元
積水メディカル株式会社
東京都中央区日本橋二丁目1番3号

別売品(体外診断用医薬品ではありません)
品名 包装 貯蔵方法
Dダイマーコントロール 0.5mL×2濃度×1本 2~10℃

※ご使用に際しては、ラピッドピア®の添付文書および取扱説明書、ラピッドチップ®Dダイマーの添付文書をよくお読みください。

ラピッドチップ®BNP
心不全の早期診断、病態把握にBNP迅速測定を!

ヒト脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)は、主に心室から分泌され、心臓に負荷がかかると分泌が促進されて血中BNP濃度が上昇します。 従って、血中BNP濃度は心負荷の程度を反映することから、心不全の病態把握及び診断に有用です。

ラピッドチップ®BNP(試薬)仕様

薬効分類名 体外診断用医薬品
認証番号 221ADAMX00004000
包装 テストデバイス 20個
(付属品 CALカード 1枚)
貯蔵方法 2~10℃
適用検体 血漿又は全血
(EDTA-2Na・EDTA-2Kによる)
検体量 120μL
反応時間 15分
測定範囲 10~800pg/mL
測定方法 イムノクロマト法(金コロイド)
定量方法 専用リーダーで反射光強度測定

◎製造販売元
積水メディカル株式会社
東京都中央区日本橋二丁目1番3号

◎提携先
塩野義製薬株式会社
大阪市中央区道修町三丁目1番8号

別売品(体外診断用医薬品ではありません)
品名 包装 貯蔵方法
ラピッドチップ®BNP用検体希釈液 1mL×10本 2~10℃
ラピッドチップ®BNP用コントロール 0.5mL用×2濃度×1本

※ご使用に際しては、ラピッドピア®の添付文書および取扱説明書、ラピッドチップ®BNPの添付文書をよくお読み下さい。

お問い合わせはこちら
BNP参考データ
Dダイマー参考データ
H-FABP参考データ
fFN参考データ
前のページに戻る

当ページは、当社製品を適正にご使用いただくため、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師など)のみなさまを対象に作成したものです。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。