各種臨床検査薬やプラスチック製真空採血管の開発・製造・販売、各種自動分析装置の販売を行っています。積水メディカル株式会社検査事業。

  • 検査事業 学術・技術情報サイト
  • 検査事業 サーベイ受付
  • 検査事業製品検索
  • 展示会・講演会情報
  • 検査事業へのお問い合わせ
Get ADOBE® READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、AdobeReaderが必要です。
ホーム > 事業紹介 > 検査事業 > 生化学・免疫 > ノルディア®N HbA1c
前のページに戻る
当ページは医療関係者のみなさまを対象として作成しております。

グリコヘモグロビンA1cキット
ノルディア®N HbA1c

※ご使用に際しては添付文書をよくお読みください。

特長

  • ヘモグロビンのβ鎖N末端の糖化ジペプチドを特異的に測定します。
  • 各種自動分析装置への適用が可能です。
  • 反応セルの汚染がありません。
  • ノンキャリブレーションでの試薬安定性が良好です。

測定原理

測定原理

前処理

全血を遠心分離して得た赤血球を溶血させ、ヘモグロビンをメト化してメトヘモグロビンとします。

第一反応

プロテアーゼの作用によりヘモグロビンβ鎖N末端の糖化ジペプチド(フルクトシル-VH)を切出します。
一方、メトヘモグロビンをアジ化ナトリウムの作用によりアジ化メトヘモグロビンとして吸光度を測定してヘモグロビン濃度を求めます。

第二反応

糖化ジペプチド(フルクトシル-VH)に、フルクトシルペプチドオキシターゼ(FPOX)を作用させ、生成した過酸化水素がパーオキシダーゼの存在下で発色剤を発色させます。この吸光度を測定することによりHbA1c濃度を求めます。

HbA1c(%)への演算式

HbA1c(NGSP値%)=91.5×HbA1c(μmol/L)/Hb(μmol/L)+2.15
参考文献:Wieland Hoelzel, Cas Weykamp, et al : Clin. Chem. 50 :166-174, 2004

包装

名称 包装 貯法
ノルディア®N HbA1c HbA1c試薬1 30mL×2 2~10℃
遮光
HbA1c試薬2 10mL×2 2~10℃
ノルディア®N HbA1c用 HbA1c前処理液※ 200mL×2 室温(2~30℃)
ノルディア®N HbA1c用 HbA1cキャリブレーター※ 1mL用×2濃度×3 2~10℃
ノルディア®N HbA1c用 HbA1cコントロール※ 1mL用×2濃度×6 2~10℃
ノルディア®N HbA1c用 HbA1cブランク液※ 5mL×1 2~10℃

※体外診断用医薬品ではありません。
本品の構成試薬には別包装があります。当社までお問合せください。

操作方法
前のページに戻る

当ページは、当社製品を適正にご使用いただくため、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師など)のみなさまを対象に作成したものです。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。