HDL-コレステロールキット

コレステスト®N HDL

当ページは医療関係者のみなさまを
対象として作成しております。

※ご使用に際しては添付文書をよくお読みください。

参考データ(弊社社内データ)

7180形日立自動分析装置での実測参考値

併行精度

(単位:mg/dL)

  試料1 試料2 試料3
n 20 20 20
MEAN 38.72 90.78 53.77
S.D. 0.38 0.54 0.47
C.V. 0.98 0.59 0.87
MAX 39.6 91.9 54.5
MIN 38.1 89.8 53.0
RANGE 1.5 2.1 1.5

直線性

直線性

相関性

DCM法との相関

解説

積水メディカル株式会社が製造販売するHDL-コレステロール直接法試薬「コレステスト®N HDL」は、国際的な基準となるDCM法(デキストラン硫酸マグネシウム沈殿分離法)に一致する様に設計されています。

<社内データ>

超遠心法と本品との相関性(高TG検体を含む)(論文データ※1

解説

高TG血症患者の血清検体(TG259~1497mg/dL)において超遠心法との相関を検討したところ、本品は乖離を示さなかったと報告されています。

<参考文献※1>小野佳一、他、臨床科学 2002:31:44-50.

共存物質の影響

遊離型ビリルビン

遊離型ビリルビン

(単位:mg/dL)

添加濃度
(mg/dL)
測定値 変動率
0.0 49.00 100.0%
4.0 49.80 101.6%
8.0 50.10 102.2%
12.0 50.60 103.3%
16.0 49.90 101.8%
20.0 50.75 103.6%

抱合型ビリルビン

抱合型ビリルビン

(単位:mg/dL)

添加濃度
(mg/dL)
測定値 変動率
0.0 49.30 100.0%
4.0 49.40 100.2%
8.0 49.90 101.2%
12.0 49.70 100.8%
16.0 49.75 100.9%
20.0 50.00 101.4%

ヘモグロビン

ヘモグロビン

(単位:mg/dL)

添加濃度
(mg/dL)
測定値 変動率
0 49.65 100.0%
100 50.00 100.7%
200 49.85 100.4%
300 49.90 100.5%
400 50.25 101.2%
500 50.50 101.7%

アスコルビン酸

アスコルビン酸

(単位:mg/dL)

添加濃度
(mg/dL)
測定値 変動率
0 50.55 100.0%
10 50.35 99.6%
20 50.20 99.3%
30 50.15 99.2%
40 49.90 98.7%
50 50.20 99.3%

乳ビ

乳ビ

(単位:mg/dL)

添加濃度
(FTU)
測定値 変動率
0 49.75 100.0%
600 49.45 99.4%
1200 49.40 99.3%
1800 49.55 99.6%
2400 48.90 98.3%
3000 48.95 98.4%

測定範囲(7170形日立自動分析装置による)

2~150mg/dL

当ページは、当社製品を適正にご使用いただくため、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師など)のみなさまを対象に作成したものです。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。