ヒトL型脂肪酸結合蛋白(L-FABP)キット

ノルディア® L-FABP

当ページは医療関係者のみなさまを
対象として作成しております。

※ご使用に際しては添付文書をよくお読みください。

操作方法

試薬の調製法

試薬①:
L-FABP緩衝液①をそのまま使用します。
試薬②:
L-FABPラテックス試液②をそのまま使用します。

本品を使用する前には、L-FABPラテックス試液②の試薬ボトルを静かに転倒混和して使用してください。また、泡立ちのないことを確認のうえ、使用してください。

測定(操作)法

本品は各種の自動分析装置で使用されますので、その操作方法の一例を示します。

測定(操作)法
  1. ※1随時尿又は蓄尿(酸性およびトルエン蓄尿を除く)
  2. ※2吸光度I、II:主波長570nmと副波長800nmの吸光度の差
検量用物質:
L-FABPキャリブレーター(当社指示値)
試薬ブランク:
生理食塩液

測定結果の判定法

1.測定値の補正

測定値は、尿中クレアチニン量で補正して尿中クレアチニン1g当たりのL-FABP量(µg/gCr)で算出します。
【換算式】 L-FABP(µg/gCr)=L-FABP(ng/mL)÷Cr(mg/dL)×100

2.参考基準範囲

健常人412例の尿中L-FABP量から算出された参考基準範囲は8.4µg/gCr以下と報告されています。
(参考文献:Kamijo A他:Diabetes Care 34(3), 691 (2011))

当ページは、当社製品を適正にご使用いただくため、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師など)のみなさまを対象に作成したものです。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。