日立自動分析装置 3500用 ヒト脳性ナトリウム利尿ペプチドキット

ナノピア® BNP

当ページは医療関係者のみなさまを
対象として作成しております。

  • ご使用に際しては添付文書をよくお読みください。

BNPについて

ヒト脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)とは?

  • BNPは、主として心室から分泌されるアミノ酸32個からなるホルモンです。
  • 血管拡張作用、利尿作用、ナトリウム利尿作用等をもち、体液量や血圧の調整に重要な役割をはたしています。
  • 心機能の低下等で心臓への負荷が大きくなるほど、BNPの分泌量が増えるため、心臓のマーカーとして活用されています。

臨床的意義

  • 健常人における血漿中BNP濃度は極めて低いものの、慢性及び急性心不全患者では重症度に応じてBNP濃度が増加することから、心不全の病態把握や鑑別に利用されています。
  • 心疾患の自覚症状が出現していない「早期」においてもBNPは増加するため、心不全の早期診断にも有用だと言われております。

当ページは、当社製品を適正にご使用いただくため、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師など)のみなさまを対象に作成したものです。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。