日立自動分析装置 3500用 前立腺特異抗原キット

ナノピア® PSA‐N

当ページは医療関係者のみなさまを
対象として作成しております。

※ご使用に際しては添付文書をよくお読みください。

PSAについて

前立腺特異抗原(PSA)とは?

  • PSAは、主に前立腺の上皮細胞から精液中に分泌される酵素タンパクの一種です。
  • 他の臓器の異常では数値が変化せず、前立腺の異常にのみ反応することから、前立腺に特異的な抗原といわれています。
  • 主に精液に分泌されますが、一部は血液中に存在し、前立腺の肥大や炎症など前立腺に異常があると血中濃度が高くなります。

臨床的意義

  • 前立腺がんで数値に反応が出やすいことから、前立腺がんの腫瘍マーカーとして臨床で使用されています。
  • 前立腺肥大症や前立腺炎でも高値になることがあるため、前立腺がんの確定診断ではなく、スクリーニング検査として用いられています。

当ページは、当社製品を適正にご使用いただくため、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師など)のみなさまを対象に作成したものです。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。