各種臨床検査薬やプラスチック製真空採血管の開発・製造・販売、各種自動分析装置の販売を行っています。積水メディカル株式会社検査事業。

  • 検査事業 学術・技術情報サイト
  • 検査事業 サーベイ受付
  • 検査事業製品検索
  • 展示会・講演会情報
  • 検査事業へのお問い合わせ
Get ADOBE® READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、AdobeReaderが必要です。
ホーム > 事業紹介 > 検査事業 > 生化学・免疫 > ルミパルスPIVKAII-N
前のページに戻る
当ページは医療関係者のみなさまを対象として作成しております。

ルミパルスPIVKAII-N

※ご使用に際しては取扱説明書をよくお読みください。

ルミパルスPIVKAII-Nは、化学発光基質(AMPPD)を用いた酵素免疫測定法(化学発光酵素免疫測定法、CLEIA:chemiluminescentenzyme immunoassay)試薬です。本試薬は全自動化学発光酵素免疫測定システム(代表例:ルミパルスG1200、ルミパルスG600II)専用試薬で、異常プロトロンビン(PIVKA-II)測定用の試薬です。
PIVKA-IIは、血液凝固因子の第II因子のPIVKA体であり、肝細胞癌で特異的に上昇します。AFPとは相関が無く相補的なマーカーで肝細胞癌の診断および治療効果判定マーカーとして測定されており、さらに、再発の診断補助として、有用性が認められています。よって、本キットは画像診断などと合わせて肝細胞癌の補助診断として使用されます。

※注意事項に関しては、添付文書をご参照下さい。

使用目的

血清又は血漿中の異常プロトロンビン(PIVKA-II)の測定

特徴

  1. 1次抗体※1は従来試薬同様に「MU-3抗体」を用いており、2次抗体※2にはモノクローナル抗体を使用しています。
  2. 血清・血漿検体で測定が可能です。
  3. 化学発光基質としてAMPPDを使用し、高感度にPIVKA-IIを測定することができます。
  4. 固相にフェライト粒子を用いており、B/F分離が容易で迅速測定が可能です。
  5. 放射性同位元素の使用設備のない検査室でも利用できます。

※1:抗PIVKA-IIマウスモノクローナル抗体 ※2:抗プロトロンビンマウスモノクローナル抗体

測定原理

本試薬は、2ステップサンドイッチ法による化学発光基質(AMPPD)を用いた酵素免疫測定法(CLEIA)試薬です。
抗PIVKA-II抗体を結合させたフェライト粒子(固相)に検体中のPIVKA-IIを反応させ、洗浄後アルカリホスファターゼ標識抗プロトロンビン抗体を加えて反応させますと、検体中のPIVKA-IIを介した3者のサンドイッチ複合体が形成されます。未反応の酵素標識抗体をB/F分離後、化学発光基質(AMPPD)を加えて酵素反応を行います。
固相に結合した検体中のPIVKA-II量は、AMPPDの分解に伴う発光量に反映されますので、これを測定することによりPIVKA-II濃度を求めることができます。

注1)AMPPD
 3-(2’-spiroadamantane)-4-methoxy-4-(3”-phosphoryloxy)phenyl-1,
 2-dioxetane disodium salt / 3-(2’-スピロアダマンタン)-4-メトキシ-4-
 (3”-ホスホリルオキシ) フェニル-1,2-ジオキセタン・2ナトリウム塩

包装

ご使用の測定システムに合わせてご用意ください。

品名 包装
ルミパルスPIVKAII-N 免疫反応カートリッジ
(抗体結合粒子・酵素標準抗体)
14テスト×3
ルミパルスPIVKAII-N PIVKAII-Nキャリブレータセット
(PIVKAII-NキャリブレータおよびPIVKAII-N用溶解用液を含む)
3濃度×2
ルミパルス 基質液(共通試薬) 100mL×6
ルミパルス 基質液(共通試薬) 50mL×6
ルミパルス 洗浄液(共通試薬) 1000mL×1
ルミパルス 検体希釈液(共通試薬) 300mL×4
ルミパルス 検体希釈液(共通試薬) < 80mL×4

※ 基質液、洗浄液、検体希釈液は富士レビオ(株)が販売しております。

前のページに戻る

当ページは、当社製品を適正にご使用いただくため、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師など)のみなさまを対象に作成したものです。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。