フィブリン・フィブリノーゲン分解産物キット

ナノピア® P-FDP

当ページは医療関係者のみなさまを
対象として作成しております。

※ご使用に際しては添付文書をよくお読みください。

FDPとは

FDPは、安定化フィブリンのプラスミン分解産物(Dダイマー)と、フィブリノゲン、不安定フィブリンの分解産物(X分画、Y分画、D分画、E分画)に大別されます。よって、FDP測定では図に示すようなさまざまな種類の分画を捉えることが必要となります。

ナノピア® P-FDPでは、FDPのD分画と反応するモノクローナル抗体を使用しており、E分画を除くすべてのFDPの分画と反応します。このため、従来法である血清中FDP測定試薬との相関が比較的良好です。

ナノピア® P-FDPは、血漿、血清の量検体での測定が可能です。

FDP
  フィブリノゲン SF
(FM)
高分子FDP X分画 Y分画 DD分画   E分画
血清中DP
測定試薬
+ + + + + + + +
ナノピア®
P-FDP
- - + + + + + -

ナノピア® P-FDPは、FDPのD分画と反応する抗体を使用しており、フィブリノゲンとは反応しないため、血漿、血清いずれの検体でもFDPが測定できます。

血清検体における問題点

従来FDPの測定に用いられている抗体はフィブリノゲンに反応するため、血漿検体では測定できず、血清検体を使用していました。しかし、血清検体では以下のような問題が認められます。

  • 血清にも一部フィブリノゲンが残存する場合がある→FDP高値
  • 血餅部分(フィブリン塊)にFDPが一部取り込まれる場合がある→FDP低値

残存フィブリノゲン存在例

試薬 血清FDP ナノピア® P-FDP Dダイマー
検体 血清 血清 血漿 血漿
測定値
(µg/mL)
56.2 5.6 7.6 2.7

血清中FDP測定試薬ではFDPが高値を示しましたが、ナノピア® P-FDPでは低値になり乖離した検体です。
ウエスタンブロッティングを実施したところ、血清検体にもフィブリノゲンのバンドが認められました。血清中FDP測定試薬では残存フィブリノゲンを測り込むことにより、FDP測定値が高値になったと考えられました。

ナノピア® P-FDPはフィブリノゲンとは交差反応しないため、血漿の測定ができ、血清の残存フィブリノゲンの影響も受けません。
(日本大学医学部附属板橋病院データ)

FDPの巻き込み例

検体 検体A 検体B 検体C
血漿 血清 血漿 血清 血漿 血清
測定値
(µg/mL)
65 53 79 47 94 59

血漿検体にCa2+とトロンビンを加え、擬似的に血清検体を作成しました。ここに示すA、B、Cは血漿検体と比べて血清検体が低値を示した検体です。いずれの検体も、血漿と比べ血清ではフィブリノゲンのバンドの消失と同時にX、Y分画のバンドも薄くなっています。D分画のバンドの消失は認められませんでした。これらの検体では、血漿から血清となる時に、FDPの一部がフィブリン塊に取り込まれたため、血漿と比べ血清検体のFDP測定値が低くなったものと考えられます。

FDPの出現は生体内の線溶現象を反映します

感染症 グラム陰性菌感染症、重症グラム陽性菌感染症、重症ウイルス感染症
ショック  
悪性腫瘍 癌、肉腫、白血病
肝疾患 肝硬変、劇症肝炎
産科的疾患 胎盤早期剥離、羊水栓塞、死胎停留、胞状奇胎、妊娠中毒
血管内溶血  
組織損傷 大手術後(肝、前立腺、膵、副腎の手術、長時間にわたる体外循環、広範囲の外傷、熱傷)
血管病変 Kasabach-Merritt症候群、心臓瘤、大動脈瘤、血栓性血小板減少性紫斑病、膠原病、溶血性疾患
その他 移植臓器の拒絶反応、蛇毒製剤(defibrase)の投与、血栓溶解療法施行中

FDPはDICの診断基準の検査項目のひとつです

DIC(播種性血管内凝固症候群)は1988年に厚生省から改訂版の診断基準が、また、1992年には血液凝固異常症調査研究班より松田試案が出されています。いずれもFDPが検査項目として組入れられています。

FDPスコア 血漿FDP(ナノピア® P-FDP)
0 1 2 3
血清FDP 0 206 33 0 0 239
1 6 44 10 0 60
2 4 9 43 4 60
3 0 0 5 29 34
  216 86 58 33 393

出典:松野一彦 他 臨床病理 vol.51 補冊2003 P165

DIC診断基準(松田試案)

DICの原因となる疾患が存在すること
  血小板数(/L) 10万未満 10万~15万 15万以上
FDP 10µg/mL以上
20µg/mL未満
DICの疑い DICを否定できない  
20µg/mL以上
30µg/mL未満
DIC DICの疑い DICを否定できない
30µg/mL以上 DIC DIC DICの疑い

当ページは、当社製品を適正にご使用いただくため、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師など)のみなさまを対象に作成したものです。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。