可溶性フィブリンモノマー複合体キット

ナノピア® SF

当ページは医療関係者のみなさまを
対象として作成しております。

※ご使用に際しては添付文書をよくお読みください。

特長

  • FM(フィブリンモノマー)およびSFMC(可溶性フィブリンモノマー複合体)を測定しますーフィブリノゲンにトロンビンが作用して生成されるFMおよびSFのみを検出し、プラスミンの作用により生成されるフィブリン分解産物とは反応しません
  • 凝固亢進状態に特異的です
  • 広い測定範囲(3.0~100µg/mL)
  • 血漿(クエン酸血漿)検体が使用可能

包装

名称 包装 貯蔵方法
ナノピア® SF SF緩衝液① 10.5mL×1 2~10℃
SFラテックス試液② 10mL×1 2~10℃
SFキャリブレーター※ 0.5mL×5濃度×1 2~10℃
SFコントロール※ 1mL用×2濃度×3 2~10℃
  • 体外診断用医薬品ではありません。
併行精度

当ページは、当社製品を適正にご使用いただくため、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師など)のみなさまを対象に作成したものです。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。