RSウイルスキット、アデノウイルスキット

ラピッドテスタ RSV-アデノsp

当ページは医療関係者のみなさまを
対象として作成しております。

  • キットご使用の際には電子化された添付文書をよくお読みください。

鼻咽頭検体又は咽頭ぬぐい液中のRSウイルス抗原及び/又はアデノウイルス抗原の検出用です。

  • 測定原理:イムノクロマト法
  • 包装:10回用
  • 貯蔵方法:2~30℃
  • キット内容
    ラピッドテスタ検体希釈液:0.5mL×10本
    テストスティック:10本
    <付属品> 減菌綿棒(鼻咽頭検体採取用):10本

特長

  • 検体抽出後、~5分で判定できます。
  • 1回の検査でRSウイルスとアデノウイルスの検出が同時にできます。
  • 検体希釈液はラピッドテスタ FLUスティックsp、ラピッドテスタ hMPVにも使用できます。
  • テストラインとコントロールラインが認められた場合、その時点で陽性と判断することができます。

検体採取法

鼻咽頭検体

  1. (1)鼻腔ぬぐい液

鼻腔検体採取用綿棒(キット付属品)を鼻腔から耳孔を結ぶ平面を想定し挿入します。コトンと行き止まる鼻腔の奥まで綿棒が達したら、鼻腔粘膜を数回こすり取ります。

  1. (2)鼻腔吸引液

吸引装置にトラップ付き吸引カテーテルをセットし、一方のカテーテルの先を鼻腔に入れ、鼻腔液を吸引し、吸引トラップに検体を採取します。

咽頭ぬぐい液

大きく口をあけ、舌圧子で舌を押さえます。口蓋扁桃、咽頭後壁に別売の咽頭ぬぐい液採取用綿棒を強くこすりつけ、検体をていねいに採取します。このとき綿棒が頬の内側、舌や歯に触れないように注意します。

検体採取後、すぐに測定できない場合は、乾燥しないように密閉して冷蔵(2~10℃)で保存し、24時間以内に測定してください。
24時間以内に測定できない場合は凍結(-20℃以下)で2週間保存することができます。

操作法と判定

操作法

操作法

判定

判定

5分より以前にテストラインとコントロールラインが認められた場合、その時点で陽性と判定することができます。陽性ラインが認められない場合は必ず5分まで静置してから判定してください。
注)5分以内に一方の陽性ラインが認められた場合でも、もう一方の感染を否定するものではありません。

「ラピッドテスタ」は積水メディカル株式会社の日本における登録商標です。

当ページは、当社製品を適正にご使用いただくため、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師など)のみなさまを対象に作成したものです。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。