遺伝子・LCMS用キット

当ページは医療関係者のみなさまを
対象として作成しております。

イリノテカンの重篤な副作用発現の可能性を予測する、国内初のヒト遺伝子多型診断薬「インベーダー® UGT1A1アッセイ」や、LCMS用キットとして、タンデムマス・スクリーニング用キット「NeoSMAAT®」や、ヒト血清中アシルカルニチン測定用セット「NeoSMAAT® AC」を取り扱っています。

ヒトパピローマウイルス核酸タイピングキット クリニチップ® HPV

長年にわたりご愛顧いただいておりましたが、2019年3月をもちまして販売を終了いたしました。

遺伝子解析装置 ジェネライザー601/ジェネライザー701

長年にわたりご愛顧いただいておりましたが、2019年3月末日をもちまして販売を終了いたしました。なお、ジェネライザーの消耗品につきましては、2021年3月末日まで、販売いたします。

当ページは、当社製品を適正にご使用いただくため、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師など)のみなさまを対象に作成したものです。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。