UGT1A1遺伝子多型判定試薬

インベーダー® UGT1A1アッセイ

当ページは医療関係者のみなさまを
対象として作成しております。

  • ※ご使用に際しては添付文書をよくお読みください。

UGT1A1遺伝子について

UGT1A1は肝臓のUDPグルクロン酸転移酵素(UGT:Uridine diphosphate glucuronosyltransferase)の分子種の1つであり、抗がん剤として世界で広く使用されているイリノテカン塩酸塩水和物(以下、イリノテカン)の代謝酵素です。

UGT1A1*28*6はUGT1A1の遺伝子多型であり、UGT1A1の活性低下によりイリノテカンの重篤な副作用の発現率が高くなることが報告されています1、2)

UGT1A1遺伝子のプロファイル3)

UGT1A1*28*6の多型パターン

遺伝子型 UGT1A1 *28
ワイルド
(6/6)
ヘテロ接合
(6/7)
ホモ接合
(7/7)
UGT1A1 *6 ワイルド
(G/G)
-/- +/- +/+
*28ホモ)
ヘテロ接合
(G/A)
+/- +/+
(複合ヘテロ)
-
ホモ接合
(A/A)
+/+
*6ホモ)
- -
(-/-):
*28*6ともに持たないワイルド
(+/-):
*6ヘテロ、もしくは*28ヘテロ接合
(+/+):
*6*28のホモ接合(*6ホモ、*28ホモ、あるいは*6ヘテロと*28ヘテロを併せ持つ複合ヘテロを含む

イリノテカンと副作用について

イリノテカンは、大腸がんや肺がんをはじめ種々のがん種についても有用性が見出されおり適用が拡大されている治療薬です。イリノテカンはDNAの複製に関与するI型トポイソメラーゼの作用を抑制することにより強い抗腫瘍効果を発しますが、一方で白血球減少や下痢などの重篤な副作用を引き起こす可能性があることも知られています。
イリノテカンは肝臓で代謝を受け、活性代謝物であるSN-38に変換され抗腫瘍作用を発します。その後、SN-38はUGTによって抱合反応を受けて不活化され腸管に排泄されますが、このUGT活性の個体間差が、イリノテカンの副作用の個体間差の原因の1つと考えられ、近年、UGT1A1遺伝子多型とイリノテカンの副作用発現の関係について多くの報告がされています。

UGT1A1遺伝子多型とイリノテカン単剤投与による毒性との関連 (Minamiらの報告より算出6)

UGT1A1 *28*6
遺伝子多型
重篤副作用(人) 頻度 重篤副作用発現率
(+) (-)
(+/+) 4 1 5 9% 80%
(+/-)or(-/-) 10 40 50 91% 20%
Total 14 41 55 100% 25%
重篤副作用:
グレード3以上の好中球減少

(+/+)群を検出したときの検査効率

臨床感度 29%
特異度 98%
PPV(陽性適中率) 80%
NPV(陰性適中率) 80%
オッズ比 16.0
95%信頼区間 1.61~159

UGT1A1遺伝子多型とイリノテカン単剤投与による毒性との関連 (Yamamotoらの報告より算出7)

UGT1A1 *28*6
遺伝子多型
重篤副作用(人) 頻度 重篤副作用発現率
(+) (-)
(+/+) 4 1 5 14% 80%
(+/-)or(-/-) 6 25 31 86% 19%
Total 10 26 36 100% 28%

(+/+)群を検出したときの検査効率

臨床感度 40%
特異度 96%
PPV(陽性適中率) 80%
NPV(陰性適中率) 81%
オッズ比 16.7
95%信頼区間 1.56~177

参考文献

  1. (1)安藤雄一:最新医学 60,1870(2005)
  2. (2)Sai K., Saeki M., et al.:Clin Pharmacol Ther. 75,501(2004)
  3. (3)森篤雄、小谷一夫:BIO Clinica 23(7), 75(2008)
  4. (4)Ando Y., Fujita K., et al.:Current Opinion in Molecular Therapeutics. 9(3), 258(2006)
  5. (5)Iyer L., Das S., et al.:The Pharamacogenomics Journal. 2, 43(2002)
  6. (6)Minami H., Sai K., et al.:Pharmacogenetics and Genomics. 17, 497(2007)
  7. (7)Yamamoto N., Takahashi T., et al.:Clin Pharmacol Ther. (Advance online publication 6 August 2008)
  8. (8)田中麻子、小谷一夫:日本遺伝カウンセリング学会誌 30, 79(2009)

当ページは、当社製品を適正にご使用いただくため、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師など)のみなさまを対象に作成したものです。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。