シクロスポリンキット

セディア-シクロスポリン

当ページは医療関係者のみなさまを
対象として作成しております。

※ご使用に際しては添付文書をよくお読みください。

操作方法

試薬の調製法

  • 前処理液:前処理液をそのまま使用します。
  • 試薬①:EA試薬をEA試薬溶解液で溶解して使用します。
  • 試薬②:ED試薬をED試薬溶解液で溶解して使用します。
  • 試薬①及び試薬②の調製後の安定性は2~8℃保存で60日間です。

測定(操作)法

本品は各種の自動分析装置に使用されますので、その操作法の一例を示します。
全血を検体として、前処理液により前処理を行った検体を使用します。

前処理方法

前処理方法

測定(操作)法

<低濃度域(25~450ng/mL)の測定>

<低濃度域(25~450ng/mL)の測定>

<高濃度域(450~2000ng/mL)の測定>

<高濃度域(450~2000ng/mL)の測定>

当ページは、当社製品を適正にご使用いただくため、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師など)のみなさまを対象に作成したものです。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。