各種臨床検査薬やプラスチック製真空採血管の開発・製造・販売、各種自動分析装置の販売を行っています。積水メディカル株式会社検査事業。

  • 検査事業 学術・技術情報サイト
  • 検査事業 サーベイ受付
  • 検査事業製品検索
  • 展示会・講演会情報
  • 検査事業へのお問い合わせ
Get ADOBE® READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、AdobeReaderが必要です。
ホーム > 事業紹介 > 検査事業 > TDM(血中薬物濃度) > セディア-HAL/BRP
前のページに戻る
当ページは医療関係者のみなさまを対象として作成しております。

ハロペリドールキット/ブロムペリドールキット
セディア-HAL/BRP

※ご使用に際しては添付文書をよくお読みください。

測定原理

  • セディア法(ホモジニアス酵素免疫測定法)
  • 各種汎用自動分析装置に適用できます

交差反応性

  ハロペリドール 試験濃度
(ng/mL)
交差率
(%)
代謝物 ハロペリドール還元体 1,000 1.7
4-フルオロフェニルプロピオン酸 100,000 <0.01
4-フルオロフェニル酢酸 100,000 <0.01
4-フルオロフェニルアセツール酸 100,000 <0.01
4-ヒドロキシ-4-(p-クロロフェニル)ピペリジン 100,000 <0.01
類似薬剤関連 ブロムペリドール 40 114
ブロムペリドール還元体 1,000 0.9
デカン酸ハロペリドール 1,000 1.2
ベンペリドール 500 6.2
モペロン 60 50.8
チミペロン 500 4.9
他の薬剤 レボメプロマジン 100,000 <0.01
クロルプロマジン 100,000 <0.01
ゾテピン 100,000 <0.01
リスペリドン 100,000 <0.01
ビペリデン 100,000 <0.01
塩酸トリヘキシフェニジル 100,000 <0.01
ニトラゼパム 20,000 <0.01
  ブロムペリドール 試験濃度
(ng/mL)
交差率
(%)
代謝物 ブロムペリドール還元体 1,000 0.9
4-フルオロフェニルプロピオン酸 100,000 <0.01
4-フルオロフェニル酢酸 100,000 <0.01
4-フルオロフェニルアセツール酸 100,000 <0.01
4-ヒドロキシ-4-(p-クロロフェニル)ピペリジン 100,000 <0.01
類似薬剤関連 ハロペリドール 40 97.5
ハロペリドール還元体 1,000 1.5
デカン酸ハロペリドール 1,000 1.1
ベンペリドール 500 5.6
モペロン 60 46.4
チミペロン 500 4.5
他の薬剤 レボメプロマジン 100,000 <0.01
クロルプロマジン 100,000 <0.01
ゾテピン 100,000 <0.01
リスペリドン 100,000 <0.01
ビペリデン 100,000 <0.01
塩酸トリヘキシフェニジル 100,000 <0.01
ニトラゼパム 20,000 <0.01

ハロペリドールとブロムペリドールは構造が酷似しています(ハロペリドールの側鎖末端ClがブロムペリドールはBr)。そのためセディア-HAL/BRPでは両者にほぼ同等の反応性を有しており、ハロペリドールとブロムペリドールを併用した検体ではそれぞれの正確な測定値は得られません。

ページの上部へ戻る

測定ダイヤグラム例

測定ダイヤグラム例

各種自動分析機用のパラメーターは別途ご用意していますので、当社までお問い合わせください。
ハロペリドールを測定する場合はセディアハロペリドールキャリブレーター、ブロムペリドールを測定する場合はセディアブロムペリドールキャリブレーターを用いキャリブレーションを行います。

測定範囲

  • ハロペリドール:1.25~40ng/mL
  • ブロムペリドール:1.25~40ng/mL

至適血中濃度例

有効血中濃度 (Therapeutic window)

  • ハロペリドール:5.6~16.9ng/mL3)* 5~15ng/mL4)(GC)
  • ブロムペリドール:4.0~14.3ng/mL5) (HPLC)

治療的飽和現象 (Therapeutic plateau) による十分濃度

  • ハロペリドール:13ng/mL6) (HPLC)
  • ブロムペリドール:12ng/mL7) (HPLC)

*メタアナリシスによる(HPLC,GC,RIA)

試薬調整後の使用期間

2~8℃、60日間

参考文献

  • 坂本伸哉、他:日本臨牀(増刊号)57, 380(1999)
  • Norio Yasui-Furukori、投稿中
  • Ulrich S, et al:Clin Pharmacokinet 34, 227(1998)
  • Irl Extein, et al:Psychopharmacology bulletin 18, 156(1982)
  • 高木哲郎、他:臨牀と研究 66,2670(1989)
  • 染矢俊幸、他:神経精神薬理 18,511(1996)
  • 藤田和幸、他:精神科治療学 16,581(2001)
HPLC法との相関
前のページに戻る

当ページは、当社製品を適正にご使用いただくため、国内の医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師など)のみなさまを対象に作成したものです。国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。