沿革

1947年 第一化学薬品株式会社創立
体外用診断薬の国産化に着手
1955年 民間初のラジオアイソトープ実験室設置
1958年 放射性医薬品の製造研究開始
アミノ酸類製造販売開始
1963年 国産初の放射性医薬品発売
1965年 薬物動態研究所竣工
1968年 安全性研究受託業務開始
1978年 岩手工場竣工
1990年 つくば工場竣工
1996年 つくば研究所開設
2001年 米国駐在事務所開設
ISO14001認証取得(岩手工場)
2003年 ISO9001認証取得(体外用診断薬)
2005年 ISO13485認証取得(体外用診断薬)
2006年 第一製薬株式会社の当社全株式譲渡により、積水化学工業株式会社の完全子会社となる
中国上海市に検査薬販売子会社設立
2008年 積水メディカル株式会社発足(積水化学工業株式会社のメディカル事業部門と事業統合、社名を積水メディカル株式会社に変更)
薬物動態事業の海外本格進出(積水化学工業株式会社が米国カンザス州XenoTech, LLCを買収)
2010年 積水化学工業株式会社が北京積水創格医療科技有限公司と当社の子会社 上海達伊医智商貿有限公司を統合し、積水医療科技(中国)有限公司を発足
2011年 積水化学工業株式会社が米国マサチューセッツ州Genzyme Corporation検査薬事業部門を買収後、米国と英国に検査薬新会社を設立
2012年 つくば工場 SCMセンターを設立
2015年 積水化学工業株式会社がエーディア株式会社の株式を取得
積水化学工業株式会社が積水医療科技(蘇州)有限公司を設立
2017年 積水化学工業株式会社が積水メディカル株式会社とエーディア株式会社を事業統合
特殊ペプチド原薬の研究開発、製造及び販売を行う新会社の3社(ぺプチドリーム、塩野義製薬、積水化学)合弁契約の締結により、ペプチスター株式会社を設立
2018年 積水化学工業株式会社がシンガポール Veredus Laboratories Pte. Ltd. を買収