CYP分子種の推定・阻害

代謝酵素推定試験

薬物間相互作用やSNPsによる個体間変動を回避する観点から、開発薬物の代謝酵素同定は非常に重要であると考えられています。当社では、CYP、FMO、MAO、UGTならびに加水分解酵素など、種々の酵素に関して検討します。発現系酵素、特異的阻害剤、抗体などを組み合わせ、各種ガイドラインに合わせた最適な試験系を提案します。放射能検出HPLCやLC/MS/MSなど、各種測定法による検討が可能です。

横にスライドしてご覧ください。
ヒトCYP発現系酵素 ヒトUGT発現系酵素 阻害剤(CYP) 抗体
CYP1A1 UGT1A1   Anti-humanCYP1A1
CYP1A2 UGT1A3 Furafylline Anti-humanCYP1A2
CYP1B1 UGT1A4   Anti-humanCYP2A6
CYP2A6 UGT1A6 Methoxsalen Anti-humanCYP2C8
CYP2B6 UGT1A7 Sertraline Anti-humanCYP2C9
CYP2C8 UGT1A8 Quercetine Anti-humanCYP2C19
CYP2C9*1 UGT1A9 Sulfaphenazole Anti-humanCYP2D6
CYP2C9*2 UGT1A10 Sulfaphenazole Anti-humanCYP2E1
CYP2C0*3 UGT2B4 Sulfaphenazole Anti-humanCYP3A4
CYP2C18 UGT2B7    
CYP2C19 UGT2B15 Benzylnirvanol  
CYP2D6 UGT2B17 Quinidine  
CYP2E1   DDC  
CYP2J2      
CYP3A4   Ketoconazole  
CYP3A5      
CYP4A11      
MAO-A      
MAO-B      
FMO-1      
FMO-3      
FMO-5      
NAT1      
NAT2      

代謝酵素阻害試験

薬物間相互作用を予測するために、ヒト肝ミクロソームを用いたCYP阻害試験を実施します。バリデートされた代謝反応によって、被験物質の阻害作用を検討します。IC50やKi値の算出、時間依存的な阻害作用などの評価を実施します。

横にスライドしてご覧ください。
分子種 基質 代謝物 阻害剤
CYP1A2 Ethoxy resorufin      
Phenacetin
Resorufin
Acetaminophen
Furafylline
CYP2A6 Coumarin 7-Hydroxycoumarin Methoxsalen
CYP2B6 S-(+)-Mephenytoin
Bupropion
Nirvanol
Hydroxybupropion
Sertraline
Thio TEPA
CYP2C8 Paclitaxel
Amodiaquin
6α-Hydroxypaclitaxel Quercetine
Amiodarone
CYP2C9 Diclofenac Tolbutamide 4-Hydroxydiclofenac
Hydroxytolbutamide
Sulfaphenazole
Suprofen
CYP2C19 S-(+)-Mephenytoin (±)-4‘-Hydroxymephenytoin Benzylnirvanol
Ticlopidine
CYP2D6 (±)-Bufuralol Dextromethorphan (±)-Hydroxybufuralol Dextrorphan Quinidine
Paroxetine
CYP2E1 Chlorzoxazone 6-Hydroxychlorzoxazone DDC
CYP3A4 Midazolam Testosterone
Nifedipine
1‘-Hydroxymidazolam
6β-Hydroxytestosterone
Nifedipine-oxide
Ketoconazole
Troleandomycin

その他、ヒト肝ミクロソーム、ヒト凍結肝細胞を用いて、市販薬の代謝に対する阻害剤の影響についても、代謝物の測定系確立、キネティックパラメーターの算出を含めて評価します。