in vivo(標識化合物を用いた試験)

吸収

各種動物を用いた同一個体からの経時採血により血漿中総放射能濃度、未変化体濃度およびその代謝物濃度からファーマコキネティック・パラメーターを求め、排泄試験の結果と合わせて吸収率、線形性、バイオアベイラビリティー、性差を考察します。また、必要に応じて吸収部位について検討します。

血漿中薬物濃度

最高血漿中濃度(Cmax)、最高血漿中濃度到達時間(Tmax)、血漿中濃度時間曲線下面積(AUC)を算出して、静脈内投与もしくは吸収過程を無視できる投与方法を併用して種々のパラメーターを比較し、吸収の線形性、吸収速度、初回通過効果、吸収の程度、バイオアベイラビリティーを評価します。
WinNonlinによるファーマコキネティック・パラメーターも解析します。

吸収部位の検討

消化管ループ法による吸収部位の検討を実施します。

分布

薬物およびその代謝物の各種組織への分布、経時的変化、残留性ならびに血漿蛋白結合率を検討します。

組織内濃度、分布

Tmax、投与後24時間および排泄終了時を含む数ポイントで各組織内濃度の血漿中濃度に対する比とその経時的変化を検討します。残留性が高い組織については、化学的存在形態を検討します。

全身オートラジオグラフィー

分布の全体像、組織への蓄積性や組織内の放射能の局在を検討します。微細組織などへの放射能の局在も明らかにします。

ミクロオートラジオグラフィー

標的組織について光学顕微鏡レベルでの放射能分布を検討します(肝臓、腎臓、皮膚、動脈、腫瘍、小腸、膵臓、副腎、胸腺、胃、骨、脳など)。

血漿中蛋白結合率

各種動物の血漿(in vitro/in vivo)および精製蛋白を用いて、限外ろ過法、平衡透析法あるいは超遠心法により検討します。

血球移行率の検討

各種動物の血液(in vitro/in vivo)を用いて検討します。

リンパ移行の検討

リンパ管へのカニュレーションにより経時的な移行を検討します。

代謝

薬物が動物体内でどの程度代謝されるか血漿、主要組織、排泄物を用いた代謝プロファイルを検討します。

代謝物分析法の確立

HPLC-RAD、LC/MS/MSによる分析法を確立します。

検討項目
前処理法、抽出方法、HPLC分析条件、酵素加水分解処理

代謝物分析法の移管

お手持ちの分析条件をもとに、分析の再現性を確認します。

代謝物分析

血漿、尿、胆汁および組織中の未変化体および代謝物プロファイルおよびその存在比率を検討します。

代謝物の構造解析

LC/MS/MSにより代謝物の構造を解析します。
LTQ Orbitrap 精密質量分析装置により、未知代謝物の構造解析を行います。

排泄

尿、糞、呼気および胆汁中排泄率を測定し、薬物およびその代謝物の排泄経路、吸収率、排泄速度について検討します。主排泄経路が胆汁の場合は腸肝循環についても検討します。

尿、糞、呼気中排泄率

原則として投与量の95%以上が排泄される時点もしくは投与後7日まで測定し、あわせて体内残存率の測定も実施します。

胆汁中排泄率

薬物の排泄経路、吸収率を検討します。
フリームービング法による検討も可能です。

腸肝循環

主排泄経路が胆汁の場合には、胆汁中排泄物の再吸収率を検討します。
二連結法による検討も可能です。

ヒト型肝細胞キメラマウスを用いた薬物動態試験

ヒト肝細胞を取り込んだキメラマウスを用いて、候補化合物における薬物動態試験を実施し、ヒト特有の代謝物を検索します。

胎盤・胎児移行性および乳汁中分泌試験

妊娠ラットを用いて、各種投与経路(経口・静脈内・皮下・経皮など)での器官形成期あるいは周産期における候補化合物の胎児移行性を組織分布(組織内濃度および全身オートラジオグラフィー)により検討・実施します。授乳中ラットを用いて、各種投与経路(経口・静脈内・皮下・経皮など)における候補化合物の乳汁中への分泌試験を実施します。

反復投与試験

各種動物(ラット・イヌ・サル・ウサギなど)を用いて、各種投与経路(経口・静脈内・皮下・経皮・点眼など)での候補化合物の投与期間中あるいは最終投与後における血漿中濃度・尿、糞、呼気中排泄・全身オートラジオグラフィー・組織内濃度を測定することによって、候補化合物の蓄積性・残留性を検討します。

ヒト薬物動態試験

尿、糞、呼気および胆汁中排泄率を測定し、薬物およびその代謝物の排泄経路、吸収率、排泄速度について検討します。主排泄経路が胆汁の場合は腸肝循環についても検討します。

標識化合物を用いたヒト薬物動態試験

海外のヒト臨床施設を利用し、標識化合物を用いたコンベンショナル投与・マイクロドージングにおける薬物動態試験を実施します。

AMSによる生体内放射性化合物の超高感度分析

AMSにより従来の液体シンチレーションカンターでは測定不可能であった血漿・尿糞・組織などの低放射能レベルの測定ができるようになりました。とくにマイクロドージングにおけるヒト薬物動態試験には極めて有用な分析手段です。

  • Accelerator Mass Spectrometry