開発(検査事業) 叢 雅娜

ホーム > 社員を知る > 叢 雅娜

「世界に際立つメディカルカンパニー」を目指す。
その理念に惹かれ、入社を決意しました。

私は中国の出身で、大学から日本に留学し薬学を学びました。研究内容は、アルツハイマーなどの神経疾患に関する病態解明や、薬物の作用機序に関するものでした。就職活動では日本企業への就職を希望し、自身の留学経験を活かしたかったため、グローバルに事業を展開している製薬企業を探しました。その中で、「世界に際立つメディカルカンパニー」を目指すという積水メディカルの理念に強く惹かれ、応募しました。説明会に参加すると、実際に事業のグローバル展開を推進していることが分かりましたし、若くても幅広い仕事を任せてもらえる社風を感じ、入社を決めました。実際に入社した今も、その時感じたことは間違っていなかったと思いますし、私もグローバル推進の役割をどんどん任されています。

新製品のコンセプト設計から上市まで。
製品開発のプロジェクト全体を
マネジメントしています。

積水メディカルでは、臨床検査製品の開発をプロジェクト制で進めています。私は、そうした製品プロジェクト一つひとつのマネジメントを担っています。例えば、一つの新製品の企画が持ち上がった場合、まずはマーケティング部や研究所と共に製品コンセプトの詳細を詰めていきます。製品の性能はどこまでを目指すか、それはユーザーが求めているものか、当社の技術で実現可能なものか、その製品が上市された場合の市場成長性など、それぞれの部署の知見を持ち寄って製品の方向性を徐々に絞っていくのです。同時にプロジェクト全体のスケジュールを設定、上市予定のタイミングから遡り、いつまでにどのような試験を行うか等、工程のマイルストーンとなる期日を決定。それら全てがまとまったら、社内審議に付議し、決裁を取得します。

プロジェクトがスタートすると、求められる仕様に向け、研究所や工場の技術者が製品を作り上げていきます。その間、私たちは定期的に研究者・技術者とミーティングを行い、決められたスケジュールの中で無事に進捗しているか、もし遅れが出る場合は対策をどう打つかなど、話し合いを主導します。また、開発段階が進み製品化が近付けば、外部評価(臨床での評価試験)を行います。医療機関への協力依頼を行うのも私たちのミッションですし、外部評価で得られたデータをまとめ、薬時申請など上市に向けた最終段階の業務までも担います。部門間、社外への橋渡しも行い、製品開発プロジェクトの上流から下流まで全てを主導していく仕事です。

中国への自社製品導出に向け、現地のドクターを
訪れて、外部評価を進めています。

私は今、日本国内の糖尿病領域の試薬の開発推進に加わる一方で、中国に自社製品を導出するプロジェクトにも携わっています。中国市場は近い将来、世界で2番目の市場規模になると言われています。積水メディカルにとっても極めて重要な市場になると考え、導出プロジェクトを積極的に進めている最中です。入社後、すぐに生化学及び血液凝固領域製品の海外導出を担当しましたが、現在はさらに中国導出プロジェクトは増え、最近は一ヶ月の大半を中国で過ごすこともあるほど、かなりの頻度で現地に出張しています。また、中国には中国の薬事法があり、薬の承認基準や規制は厳格、現地の病院で中国の規制に沿った外部評価を行い、データを集め、承認申請をしなくてはなりません。そこで、現地の子会社である積水医療科技(中国)有限公司の社員たちと協力し、優秀かつ治験に協力してもらえるドクターのいる病院を訪問して、協力依頼や外部評価を実施しています。

国境を超えてドクターから感謝される。
もっと貢献していきたいという意欲が湧きます。

医療の最前線で頑張っているドクターに、国による違いはありません。日本のドクターは新しい正確な検査薬を待ち望んでいますし、中国のドクターたちも日本の検査薬にとても期待しています。日本のドクターも中国のドクターも研究熱心で、こちらが頑張って膨大なデータを整理して提供すると喜ばれますし、新しい自社製品が世の中に出た時には、「良い製品を出してくれてありがとう」と感謝の言葉を頂くこともあり、やりがいを感じています。国を超えて医療の現場にもっと貢献したい、日本を始め世界で製品開発をもっと推進したい。それが私の目標です。積水メディカルのグローバル展開をさらに牽引していきます。

1日のスケジュール

  • 石井 絢子
  • 髙田 功大
  • 丸山 賢一
  • 伊藤 奈央
  • 叢 雅娜
  • 山田 有理子
  • 津村 沙織
  • 前田 健一
  • 小笠原 康介
  • 兼信 正貴
  • Brendan Devers
  • Shan Gao
  • Haruna Yamada
  • Jonathan Ho

Copyright (C) SEKISUI MEDICAL CO., LTD.

ページトップへ