創薬支援センターについて

当社は、学術研究の進歩と発展に貢献することを目的として1965年5月に茨城県東海村に研究所を開設しました。医薬品開発のための研究支援として、主に放射性標識化合物を用いた非臨床薬物動態試験を中心に、時代のニーズを先取りする形でGLP試験の実施体制を整え、申請用試験に対応しています。また、創薬に必要な各種評価システムを構築し、医薬品の合理的で効果的な開発を支援しています。
私たちは、医薬品開発の成功確率をより高め、早期にヒトでの有効性・安全性を検証するProof of Concept(POC)の取得を支援するべく、14C標識化合物を用いた国内臨床薬物動態試験のサービスも行っています。

近年、日・米・欧の三極によるICHの進展で医薬品開発を取り巻く環境は大きく変化し、薬物相互作用、臨床薬物動態試験、マイクロドーズ試験等の新しい指針も数多く示されています。私たちは、医薬品開発のスピードアップと成功確率を高めるために、各種ガイドラインに対応した試験を提供しています。さらに近年急速に発展しているゲノムサイエンスを創薬にも応用し、医薬品開発をサポートしていきます。