安全性試験

In vitro 肝毒性評価

  1. 1.胆汁うっ滞型薬剤性肝障害試験

    胆汁酸を胆管へ排泄するトランスポーターが薬剤により阻害されると、胆汁酸の細胞内への蓄積が起こり胆汁うっ滞を引き起こします。本試験系では、胆管様構造を持つサンドイッチ培養ヒト肝細胞を用いて、胆汁うっ滞型薬剤性肝障害のポテンシャルを評価します。

  2. 2.ミトコンドリア毒性試験

    ミトコンドリア毒性は、FDAにおいてblack box warningとされている化合物のうちの約80%で報告されている重要な肝毒性機序です。HepG2細胞を用いて、Crabtree効果を利用した細胞毒性評価を行うことで、ミトコンドリア由来毒性とその他の毒性を分離評価します。

  3. 3.反応性代謝物検出
    1. 1)システイントラップ試験
      薬剤性肝障害の発生機序の一つとして、化合物の代謝過程で生じる反応性代謝物の関与が言われています。反応性代謝物は不安定でそのままの状態では検出することが困難なため、トラップ剤として35S-システインを用い、液体シンチレーションカウンターを用いて反応性代謝物の生成量を定量します。
    2. 2)KCNトラップ試験
      トラップ剤としてK14CNを用い、システインではトラップできない反応性代謝物を補足し、定量します。
    3. 3)アシルグルクロナイド検出試験
      カルボキシル基がUGTによりグルクロン酸抱合をうけて生成するアシルグルクロナイドは、反応性が高く、肝障害の原因になりうることが知られています。アシルグルクロナイドが生成するか否か、また、生成したアシルグルクロナイドが異性化するか否かを検討します。
    4. 4)共有結合試験
      反応性代謝物の毒性を定量的に評価するために、候補化合物のRI標識体を用いて試験を行います。ヒト肝ミクロソームまたはヒト肝細胞と一定時間インキュベーションを行い、蛋白質との共有結合量を測定します。また、ラットの肝代謝酵素を誘導させた後、RI標識化合物を投与することで、in vivoでの血漿や肝組織蛋白質との共有結合量の評価を行うことも可能です。

トキシコキネティクス測定

安全性試験において得られた検体について定量分析系を開発し、バリデーションを行い、GLP基準に従って検体測定を実施します。
LC/MS/MSを用いた濃度測定では、Data Integrity(DI)に対応した試験実施が可能です。

  • GLP(厚生省令第21号)、「医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施の基準に関する省令」を遵守し、測定します。
    2019年2月 医薬品医療機器総合機構調査 TK測定 評価結果:適合

定量分析系については、下記分析系に対応しています。

  • 機器分析(LC/MS/MS, HPLC)
  • 免疫学的測定(ELISA, RIA, EIAなど)
  • 機器分析と免疫学的測定の同時実施が可能です

遺伝子発現解析試験

遺伝子の網羅的解析から毒性関連にフォーカスした遺伝子発現解析、毒性発現マーカーとなるターゲット遺伝子の定量的評価まで、幅広いニーズに合わせた試験を実施しています。

バイオマーカーの測定

指定のバイオマーカーについて、LC/MS/MS、免疫学的手法、遺伝子解析手法などを用いて解析系の構築を行うとともに、検体はGLPに準拠し測定を実施します。

  • 免疫学的手法については、ELISA、RIA、EIAで実施します
  • 遺伝子解析手法については、遺伝子発現解析(GeneChip® Expression Array、TaqMan® RT-PCRなど)および遺伝子多型解析(TaqMan® RT-PCR)による解析を行っています
  • 創薬段階、前臨床・臨床および市販後調査における、さまざまな場面で生じる生体試料中(動物から臨床検体まで)の濃度測定を実施します
  • LC/MS/MS、HPLCおよび免疫学的手法(ELISA、RIA、EIAなど)による薬物濃度測定とあわせての実施も承ります